ティリッヒ神学における存在と生の理解

個数:
  • ポイントキャンペーン

ティリッヒ神学における存在と生の理解

  • 茂 洋【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 新教出版社(2005/01発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 01時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784400327714
  • NDC分類 191

内容説明

20世紀組織神学を代表する成果の一つは、ティリッヒ『組織神学』全三巻であることは万人の認めるところだが、ティリッヒ自身はその完成前に、「できたら自分の神学を聖霊論から再構成してみたい」と語っていたというエピソードは面白い。ティリッヒ神学研究をライフワークとし、既に『ティリッヒ組織神学の構造』(1971)、『ティリッヒの人間理解』(1986)の秀作を著わした著者(神戸女学院大学名誉教授)は、ティリッヒの遺した言葉の示す線と方向を真剣に模索したあげく、ティリッヒの「存在」理解の基礎の上にある生の理解の追究を試みながら、それに応じる霊の働きの展開を把握することに努め、それと共に時間論と聖霊論そのものへの展望の可能性を真剣に探ってやまなかった。本書はその探求の成果の見事な提示である。

目次

第1章 存在理解
第2章 存在の力
第3章 「存在それ自体」
第4章 生と霊の働きとの関係
第5章 生と救い
第6章 身体の理解
第7章 生と永遠のいのち
付録(ティリッヒの「時の神秘」について;私たちの人生と霊との関わり―ティリッヒ神学における聖霊論の特色)

著者紹介

茂洋[シゲルヒロシ]
1930年生れ。神戸女学院大学名誉教授、日本基督教団仁川教会前牧師。神学博士(同志社)、Doctor of Ministry(Vanderbilt)

出版社内容情報

テイリッヒ『組織神学』に基づき聖霊論を再構成し存在と生の問題を探求した神学研究。