• ポイントキャンペーン

キヤノンの仕事術―「執念」が人と仕事を動かす

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784396612733
  • NDC分類 159
  • Cコード C0036

内容説明

仕事が面白くなる、成果が上がる、具体的ヒントが満載。

目次

1章 誰のために仕事をするのか―仕事を覚えるいちばん早い方法(なぜ「自分のために仕事をする」という発想が大事か;転職目的で頑張るヤツがいたっていい ほか)
2章 仕事を成功させる最大の力―「執念」が人を動かす(夢と現実をつなぐもの、それが執念;「打倒ライカ」―キヤノン創業者が描いた壮大な夢 ほか)
3章 失敗とのつき合い方―不遇なとき「言い訳」をしない(上司が無能なとき、どうするか?;手柄を譲れば、たいていの人間は協力的になる ほか)
4章 人間の心理、行動パターンを知る―管理職に必須の能力(「使われ上手」かどうかは、報告の仕方でわかる;社員の自己評価を鵜呑みにしてはいけない ほか)
5章 経営者に必要な「無私の心」―自分のことより、社員、会社を優先する(「当たり前のこと」をするのが、実はいちばん難しい;キヤノンに届いた「酒巻を辞めさせろ」という投書 ほか)

著者紹介

酒巻久[サカマキヒサシ]
1940年、栃木県生まれ。67年キヤノン株式会社入社。研究開発部門に配属され、VTRの基礎研究、複写機開発、ファックス(G3、G4)開発、ワープロ開発、PC開発、総合企画等を経て、89年取締役システム事業部長、96年常務取締役生産本部長。99年3月、キヤノン電子株式会社社長に就任。就任5年で利益を10倍にするなど、キヤノン電子を高収益企業に改革した手腕をまとめた『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』(小社刊)は、「経営改善の教科書」として多くの企業に一括購入されるなど、経営者、管理職に熱く支持される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)