• ポイントキャンペーン

ひるむな!上司―二人以上の部下を持つ人のために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396611217
  • NDC分類 336.3

内容説明

なぜか部下に信頼される!上司の「共通点」とは!?『部長島耕作』の作者が熱く語る“できる上司”になる方法。

目次

1章 部下はどんな上司を欲しているか?―変えるべきものと、変えてはいけないもの(こんな時「ケツをまくる」ことができるか;自己啓発費「四〇〇〇円」の上司は落ちこぼれる;「目から鱗!」の数が勝負を決する ほか)
2章 部下はあなたのココを見ている―見られたくないところほど、よく見られている(あなたは「能力」、「キャラクター」、どちらで売るタイプか;英語・パソコン音痴でも、なぜか人気がある上司の「共通点」;アメリカのビジネス社会で、「管理職の優劣」は何で決まるか ほか)
3章 なぜ「いい上司」を目指してはいけないか―部下を持ったら心がけるべき事は、一つしかない(能力主義時代に、上司が陥る「甘い罠」;「電子メール」の間違った使い方とは?;なぜ、「まる投げ上司」になってしまうのか ほか)
4章 成果を上げる上司、上げられない上司―「中間管理職」という生き方が変わる(こう思えるまで、新しいことを始めてはいけない;「禁煙」一つで、世界が変わることもある;「多面評価」に耐えられない上司の典型 ほか)

著者紹介

弘兼憲史[ヒロカネケンシ]
1947年、山口県生まれ。早稲田大学法学部卒。松下電器産業に勤務。退職後、’74年に漫画家デビュー。以後、時代に即して人生の機微を考えさせる、社会派作家として活躍。’84年に『人間交差点』で小学館漫画賞、’91年に『課長 島耕作』で講談社漫画賞を受賞。現在『部長 島耕作』を週刊モーニング誌に、『黄昏流星群』をビッグコミック・オリジナル誌に連載中。また、『あえて誤解をおそれず』、『辞める勇気 残る知恵』、『俺たちの老いじたく』など、ビジネスマン向けのエッセイも多数執筆