堂々たる日本人―知られざる岩倉使節団 この国のかたちと針路を決めた男たち

  • ポイントキャンペーン

堂々たる日本人―知られざる岩倉使節団 この国のかたちと針路を決めた男たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784396610623
  • NDC分類 210.61

内容説明

一個の弾丸も放たず、一滴の血も流さずに封建制度を撤廃した「廃藩置県」のわずか半年後、明治新政府の多数の指導者が世界視察の旅に発った。世界史に例のないこの岩倉使節団の壮挙こそ「明治という国家」創成の秘密を解くカギであり、日本近代化の原点である。歴史講談のごとき著者の語り口によって甦った歴史の真実。それは、国家の命運をにない、高い志を持ち、深い教養と鋭い観察眼をそなえ、しかも礼節を失わなかった「堂々たる日本人」の颯爽とした姿である。

目次

プロローグ なぜ、いま岩倉使節団なのか
第1章 史上空前の大使節団―誰が何のために、この壮挙を企てたのか
第2章 世界一周の文明視察、六三二日―彼らはどこを歩き、何を見たか
第3章 「この国のかたち」を探り求めて―彼らは、何をどう観察し、どう考えたか
第4章 ああ、堂々たる日本人―彼らは外国人の目にどのように映ったか
第5章 使節団の留守中に何が起こっていたのか―若手官僚の大活躍と、征韓論の沸騰
第6章 明治日本の針路、ここに定まれり―使節団は「明治という国家」に、何をもたらしたか
第7章 何が彼らを颯爽とさせたのか―いままた問われるべき「リーダー」の条件
エピローグ 岩倉使節団から学ぶべきもの