祥伝社文庫<br> 噺家侍―円朝捕物咄

個数:

祥伝社文庫
噺家侍―円朝捕物咄

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 270p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784396334345
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

時は文久三年(一八六三)。毎夜、寄席を沸かせるのは、当代きっての名人噺家・三遊亭円朝。お決まりの出で立ちは小銀杏髷に黒羽織、朱色の襦袢。粋で人情に厚い江戸っ子の円朝だが、父の代までは武士の家系、ひとたび剣を持てばめっぽう強い。今日も幼馴染みの同心・牧野を密かに援けて悪を討つ。幕末の世を騒がす、不逞な輩の正体は?円朝捕物咄の幕が開く。

著者等紹介

浦山明俊[ウラヤマアキトシ]
1958年、東京・浅草生まれ。國學院大學卒。『週刊朝日』記者などを経て独立、文芸・民俗・社会問題・医学を中心に幅広い執筆活動を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。