祥伝社黄金文庫<br> 心を豊かにする菜根譚33語―東洋の知恵に学ぶ

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
心を豊かにする菜根譚33語―東洋の知恵に学ぶ

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2016年12月05日 01時26分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396316211
  • NDC分類 159

内容説明

『菜根譚』は今から四〇〇年以上前に、中国の洪自誠によって書かれた随筆で、前集・後集合わせて357語録からなります。内容は、端的にいうと「君子としての心の在り方と身の処し方」、つまり真っ当な人生の過ごし方が説かれています。その訓えは、そのまま日常の実利に通じており、現代の社会で大過なく生きる知恵がいっぱいです。本書は全語録から特に心に残る33語を厳選し、興福寺貫首が読み解いています。ぜひ、あなたも心に残る清言を見つけ、人生の指針としてください。

目次

悪の中にひそむ善、善の中に巣くう悪―前集六七
一歩を譲るゆとりこそ、後でものをいう―前集一七
ひまな時にこそ、いざという時の心構えを。そして、忙しい時の心のゆとり―前集八
ささいなことだから、といって侮らない―前集一一四
まずは、人目につかない心から―前集四八
まちがいに気づいたら、そのままにしない。すぐに手当てだ―前集八六
どんな時も、本来の自己を信頼する―前集一七二
君子の三戒―前集八五
なにごとも、耐えてこそ成る―前集一七九
気概こそ人生―前集九〇〔ほか〕

著者紹介

多川俊映[タガワシュンエイ]
1947年、奈良県生まれ。69年、立命館大学文学部卒業。89年、興福寺貫首に就任。97年、南円堂平成大修理を完了。98年から中金堂再建造営に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件