祥伝社黄金文庫<br> サムライガール 新島八重―維新を駆け抜けた「烈婦」の生涯

個数:

祥伝社黄金文庫
サムライガール 新島八重―維新を駆け抜けた「烈婦」の生涯

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 338p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396315955
  • NDC分類 289.1

内容説明

兄を慕い、夫を愛し、同志社創設に尽力。篤志看護婦として戦地に赴き、女性初の勲章を受けた才女の感動の88年。

目次

序章 京都黒谷会津墓地
第1章 兄山本覚馬
第2章 夫新島襄
第3章 硝煙の匂いがする山本家
第4章 会津藩の運命を変えた覚馬の失明
第5章 会津藩は抹殺された
第6章 兄と妹―京都近代化を先導
第7章 八重と新島襄の結婚
第8章 奮闘する会津人群像
第9章 全方位松陰町の人間関係
第10章 裏千家直門の茶人新島宗竹

著者紹介

高野澄[タカノキヨシ]
1938年、埼玉県生まれ。同志社大学社会学科卒業後、立命館大学大学院で近代史を専攻、立命館大学助手を経て作家に。京都や歴史関連書を中心に著書は100冊を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)