Non novel<br> メイズプリズンの迷宮回帰―ソウルドロップ虜囚録

個数:
電子版価格 ¥921
  • 電書あり

Non novel
メイズプリズンの迷宮回帰―ソウルドロップ虜囚録

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 235p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784396208233
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

家出中の少女・西秋有香は双季蓮生という不思議な老人と出会い、詐欺罪で服役中の有香の父が計画していた犯罪を実行することになった。「生命と同等の価値のあるものを盗む」と書かれた謎の怪盗ペイパーカットの偽造予告状を使い、保険会社から補償金を騙し取ろうというのだ。双季は保険会社の調査員伊佐俊一と千条雅人に接触。しかし、双季の正体は強大な権力を持つ東澱家に命を狙われる脱獄囚であった。外人傭兵、ベテラン刑事も双季を追う中、やがて彼の哀しい過去が明らかに…。

著者等紹介

上遠野浩平[カドノコウヘイ]
1968年生まれ。98年『ブギーポップは笑わない』で第4回電撃ゲーム小説大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

神太郎

12
上遠野さんの描く「切なさ」ってなんか清々しい。今回改めて思いました。脱獄囚の老人と家出した少女。この2人が出会った時、物語は動き出す。ペイパーカットこと飴屋さんはそこまで出張ってませんが美味しい所は持っていきます。千条も久々に裏の顔が見れて良かった。コギトピノキオの「オーロード」ってここで示唆されてたのね。なるほどなぁと思いました。 ラストの少し成長(達観?)した家出少女にはなんか色々と嬉しい様な寂しい様なそういう感情が入り混じりながらの読了でした。2014/12/24

雛坂 五里霧中

5
★★★☆☆ ペイパーカットがあまり出てこない本作。お兄様初登場。やはり薄味だけどサクサク読める。薄味ポテトチップス。2020/03/18

ソラ

5
【読メ登録以前読了作品】 内容(「BOOK」データベースより) 西秋有香は双季蓮生という不思議な老人と出会い、詐欺罪で服役中の有香の父が計画していた犯罪を実行することになった。「生命と同等の価値のあるものを盗む」と書かれた謎の怪盗ペイパーカットの偽造予告状を使い、保険会社から補償金を騙し取ろうというのだ。双季は保険会社の調査員伊佐俊一と千条雅人に接触。しかし、双季の正体は強大な権力を持つ東澱家に命を狙われる脱獄囚であった。外人傭兵、ベテラン刑事も双季を追う中、やがて彼の哀しい過去が明らかに…。 2008/07/31

龍田

4
ペイパーカットシリーズ3作目。謎の老人、双季と家出少女の有香。歳の離れた友情がとても良かった。東澱家の長男登場。2022/03/12

なつのおすすめあにめ

4
3作目、順調に面白くなっているシリーズ。登場人物の年齢が上がったブギーポップぽさがある。2020/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/543097

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。