• ポイントキャンペーン

ディオニュソスの美学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393955048
  • NDC分類 701.1
  • Cコード C0070

内容説明

バッハの『フーガの技法』からシュタイナーの芸術論まで、音楽と絵画に潜む「ディオニュソス的なもの」が浮上する。人は自己の内面に出会ったとき、芸術家になる。

目次

ディオニュソスの音楽1―フーガの技法をめぐって
ディオニュソスの音楽2
シュタイナーの美学
光と色の美学
秘教芸術―イッテンとハウアーの場合

著者等紹介

高橋巖[タカハシイワオ]
東京生まれ。慶應義塾大学文学部大学院卒。DAADとフンボルト財団の奨学金により1957年よりドイツで美学を学び、その過程でシュタイナーの著書と出会う。73年まで慶應義塾大学、同大学院教授。70年代シュタイナーとその思想である人智学の研究会や著作の活動に入り、85年日本人智学協会を設立、今日に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。