グレン・グールドといっしょにシェーンベルクを聴こう

個数:

グレン・グールドといっしょにシェーンベルクを聴こう

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393937556
  • NDC分類 762.346

内容説明

バッハ、シェーンベルク、グールドを貫く対位法思考の営みが到達した地点とはいったい何だったのか。沈黙を弾き、沈黙を聴く方法としての対位法を究めたピアニスト―そのようにして、彼はひたすら“非実体的実体”としての音楽に耳を澄ましつづけた。“作曲・演奏・聴取”の既成のパラダイムを根本から問い直し、音楽行為の本質を現代思想の視座から読み解く試み。

目次

プロローグ
美しい音楽
BGMの魂
モーゼとアロン
アキレスとカメ
エピローグ―反復、かけがえのないものへ

著者紹介

渡仲幸利[トナカユキトシ]
1964年、静岡県生まれ。慶応義塾大学文学部卒業(フランス文学専攻)。ベルクソン研究、音楽評論

出版社内容情報

難解なシェーンベルクの語法をグールドは強い説得力をもって解き明かす。両者の芸術的営為の地平とグールド特有のレコーディング哲学を現代思想の視座において論じた意欲作。