• ポイントキャンペーン

変貌する演奏神話―33回転の精神史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393937525
  • NDC分類 760.4

内容説明

我々が聴くのは、つまるところ、批評意識としての現われとしての音楽なのであり、けっして音符の忠実な再現としての音楽なのではない。その意味で、優れた音楽家の演奏の歴史はもっとも優れた音楽の批評史である。演奏家は、世界でもっとも孤独な、そしてその孤独の中にこそ喜びを見出す批評家を、自身の内部に飼い続けなければならないだろう。孤独だと言うのは、彼等の自由は楽譜という必然によって縛られており、しかも演奏家という存在が華やかであればあるほど、彼等の内なる批評性はカーテン・コールの騒音にかき消されるからであり、喜びだと言うのは、その必然の中にこそ彼等の自由があるからである。音楽批評の新たな地平を切りひらく気鋭の論考。

目次

1 指揮台の帝王学(フルトヴェングラー―時代精神としての音楽;チェリビダッケ―交響的還元のゆくえ;クレンペラー―越境する野人;ベーム―職人芸の明暗)
2 鍵盤の憑依者達(グールド―よるべなき時代のモノローグ;ホロヴィッツ―臨界のピアニズム;ブレンデル―自問する風景;リヒテル―封印された自存)
3 科学時代の神話(トスカニーニ―客観という名の迷宮)

著者紹介

和田司[ワダツカサ]
1951年、函館市生まれ。東京外国語大学ロシヤ語科卒、早稲田大学文学研究科(ロシヤ文学)博士課程中退。翻訳家

出版社内容情報

優れた音楽家の演奏の歴史は,最も優れた音楽の批評史でもある。トスカニーニ,クレンペラー,ホロヴィッツ,リヒテルら偉大な演奏家の解釈の地平を今日的視座から読み解く。