曲がった家を作るわけ

個数:
  • ポイントキャンペーン

曲がった家を作るわけ

  • 西村 朗【著】
  • 価格 ¥2,376(本体¥2,200)
  • 春秋社(2013/07発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 44pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 09時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393935798
  • NDC分類 762.1

内容説明

道は一直線!…のはずが、紆余曲折・試行錯誤、あつき友情あり、涙ぐましい奮闘あり、ヴィルトゥオーゾたちとの緊密にして華々しき協働あり。はたまた痛飲の失態、抱腹絶倒のエピソードの数々…、作曲家の日常はこうして過ぎてゆく。

目次

1(〆切り;落ちて、落ちて、また落ちて… ほか)
2(二人のマエストロ;そこに天からの光が ほか)
3(天才たちに乾杯!;交響詩の生涯)
4(白ワイン・オン・ザ・ロックス;フレキシブル・ワイヤー ほか)

著者紹介

西村朗[ニシムラアキラ]
1953年9月8日、大阪市に生まれる。東京藝術大学作曲科卒。同大学院修了。日本音楽コンクール第1位(1974)、エリザベート国際音楽コンクール作曲部門大賞(1977、ブリュッセル)、ルイジ・ダルラピッコラ作曲賞(1977、ミラノ)、尾高賞(1988、1992、1993、2008、2011)、中島健蔵音楽賞(1990)、京都音楽賞「実践部門」(1991)、日本現代芸術振興賞(1994)、エクソンモービル音楽賞(2001)、別宮賞(2002)、サントリー音楽賞(2005)、毎日芸術賞(2005)、ミュージック・ペンクラブ音楽賞(2008)等を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

作曲家の日常はどんなものか。多彩な交友、抱腹絶倒のストーリー。現代音楽作曲界のナンバーワンが語るおもしろ人間模様。

【著者紹介】
作曲家。1953年生。1973~80年、東京芸術大学及び大学院に学ぶ。西洋の現代作曲法を学ぶ一方で、在学中よりアジアの伝統音楽、宗教、美学、宇宙観などに強い関心を抱き、そこから導いたヘテロフォニー等のコンセプトにより、今日まで多数の作品を発表している。現在、東京音楽大学教授。「いずみシンフォニエッタ大阪」音楽監督。「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」音楽監督。