音楽の生まれるとき―作曲と演奏の現場

個数:
  • ポイントキャンペーン

音楽の生まれるとき―作曲と演奏の現場

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393935446
  • NDC分類 760.4

内容説明

瞬間の輝きをつかむ。CD制作、コンサート、音楽祭、現代音楽の創造…。作曲家と演奏家とプロデューサー、それぞれの情熱と技術がぶつかりあい人々の記憶に残る音楽が生まれる。

目次

1 魂のセッション―聖地リンツで鳴り響いたブルックナー(棺のなかのブルックナー;超越の瞬間 ほか)
2 楽都ウィーン―名手たちとの仕事(ムジークフェライン;最初の出会い ほか)
3 音楽祭をつくる―草津でかかげた理想の音楽(「リ・クリエーションのアカデミーを」;アスペン音楽祭の衝撃 ほか)
4 現代の音楽―音として生き続ける(前史;『三善晃の音楽』 ほか)

著者紹介

井阪紘[イサカヒロシ]
1940年生まれ。レコード・プロデューサー。日本ビクターを経て、株式会社カメラータ・トウキョウを創業。レコード制作とコンサートや音楽祭などのソフト産業を統合する新しい音楽事業、そして国際的な音楽ソフトビジネスを展開している。オーストリア学問芸術栄誉十字勲章、新日鐵音楽賞・特別賞など受賞多数

西村朗[ニシムラアキラ]
1953年生まれ。作曲家。東京芸術大学および同大学院で学ぶ。西洋の現代作曲技法を学ぶ一方で、アジアの伝統音楽、宗教、美学、宇宙観等に強い関心を抱き、そこから導いたヘテロフォニーなどのコンセプトにより、今日まで多数の作品を発表している。受賞多数。東京音楽大学教授、いずみシンフォニエッタ大阪音楽監督(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)