「第九」と日本人

  • ポイントキャンペーン

「第九」と日本人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 371p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784393934067
  • NDC分類 764.31

内容説明

昭和63年の暮れの〈第九〉は日本全国で158公演にのぼり、「すみだ5,000人の〈第九〉」や「サントリー1万人の〈第九〉」に代表される巨大化した公演も多い。もはや流行を超えたこの〈第九〉現象とは、日本人にとって何を意味するのだろうか。大正7年板東でのドイツ人捕虜による〈第九〉初演から、戦争末期の出陣学徒壮行会の〈第九〉、戦後アマチュア合唱団により市町村でも〈第九〉が歌われるようになるまで、数多くの貴重な資料や写真をもとに、〈第九〉現象のルーツをさぐり、今まであまり知られていなかった〈日本の第九〉の歴史を明らにかする。

目次

プロローグ 私の「第九」との出会い
1 「第九」演奏の源流
2 日本人の「第九」初演はいつか
 3 日本人は「第九」をどう聴いたか
4 新交響楽団の結成
5 新しい指揮者の出現
6 ある亡命指揮者の来日
7 印象にのこる戦時下の「第九」
8 暮れの「第九」の原点
9 荒廃の中から
10 2つの音楽運動
11 恒例化する暮れの演奏
12 暮れの「第九」現象のはじまり
13 「第九」ブームの楽屋裏
14 聴く「第九」から歌う「第九」へ
15 「第九」を歌った町と村
16 「第九」平和使節
17 イベントとしての「第九」
エピローグ 日本人の心と「第九」精神