東北・大地をゆく

個数:

東北・大地をゆく

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393373262
  • NDC分類 291.2
  • Cコード C0095

内容説明

那須火山帯の福島から青森まで、恵み豊かな大地に日本の心と魂が宿っている。作曲家の著者が震災後、“東北の魂”を探して各地をめぐり、人々の心情と生活にふれつつ、さまざまな民俗芸能や音・音楽に出会い、歴史のありようと文化伝承の様相を知るに至る…。かくして、復興への希望を託した「東北の人たちへ送る哀歌」が作られることに。

目次

第1の旅 山形―紅花の微笑み
第2の旅 秋田―歌垣に惹かれて
第3の旅 青森―縄文からのメッセージ
第4の旅 岩手―憧れの「みちのく」
第5の旅 宮城―それでも山河遥かに
第6の旅 福島―魂の宿る大地
東北の人たちへ送る哀歌

著者等紹介

仙道作三[センドウサクゾウ]
作曲家、演出家、エッセイスト。1945年生まれ、秋田県羽後町出身。中学卒業後集団就職で上京。葛飾区の町工場で働きながら19歳でクラシックギターを学び、音楽理論を独学する。26歳で作曲家・音楽学者柴田南雄氏の内弟子となり、8年間師事。音楽のみならず、哲学、文学、民俗学等、幅広く研鑽を積む。作品は、仏教経典、古事記、源氏物語、近・現代の文学を題材に、与謝野晶子、松尾芭蕉、樋口一葉、小林一茶など、数多くのオペラを発表する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

作曲家が東北の魂を求めて各地を巡る“東北文化”再発見の旅。歴史と民俗芸能と音楽を視野に入れ、文化伝承の様相を生き生きと描く。