国家の命運―安倍政権奇跡のドキュメント

電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

国家の命運―安倍政権奇跡のドキュメント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784344024014
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0095

内容説明

悪化するデフレ、中国・韓国による領土侵犯、迫りくる国難の数々。安倍政権はぎりぎりで間に合った奇跡の政権である。総裁選をめぐる秘話、故・三宅久之氏との絆ほか、初めて明かされるエピソード満載!

目次

奇跡(八・一五―靖国にて;立つべきか、立たざるべきか;安倍総裁誕生―あるいはレクイエム三宅久之)
奪還(野田VS.安倍;衆院選圧勝)
始動(ロケットスタート;アベノミクス;対中包囲網;日本を守る;硫黄島訪問)

著者等紹介

小川榮太郎[オガワエイタロウ]
昭和42年5月生まれ。文藝評論家。創誠天志塾塾長。大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

やじ

28
今読んでも手に汗握る、綱渡りのような奇跡の安倍政権復活ドキュメントだった。野党時代を支えた谷垣氏の恩を仇で返した石原、石破両氏。道理を重んじる麻生氏が安倍氏支持に。三宅久之氏の命を懸けた応援。総裁選に勝ち野田政権を解散に追い込み総選挙で圧勝。自国に対する誇りを持っていいのだと知ったのはその時だ。揺るがない信念で、日本は見違えるようになった。しかし今、財務省の不祥事によって政権支持率が下がるのは、メディアをまだ信じてる人がいる証拠。安倍礼賛本と罵る人は、その後を継ぐ人の礼賛本を書けばいいんじゃないの?2018/03/18

takam

16
「社会が悪くなると人が輝く、心配はいらない」は小室直樹が残した言葉である。より外政と内政の状況が悪くなる中で総理大臣を再登板し長期政権を維持している安倍晋三は日本で最も輝いている存在である。スキャンダルについての疑惑は絶えず出てくるものの、それは改革を起こすために出てくる反発、権力闘争によるものとして捉えれば妥当である。改革を行えば必ず反発は生まれる。小泉純一郎は上手だった。うまく改革しているように見せた。一方で安倍さんが扱っていることは「戦後レジーム」であり、壮大なテーマである。2020/04/26

ぷれば

9
今にして思えば、ホントにギリギリ土壇場の奇跡だったのかもしれない。当時、政権交代、東日本大震災、異常な円高株安…踏みとどまれた要因は何だろう?と思った。今は亡き、三宅先生のエピソードがあり、懐かしくも少し泣けた。2013/09/02

謙信公

8
安倍晋三は日本の国そのもの。民主党政権でガタガタになった日本を立て直す切り札だ。加藤清隆氏曰く「戦後でも一、二を争う名宰相」第1次政権では、10年分の仕事を1年で成し遂げた評価はすでに定着。復活の総裁選では期待しない人80%。だが、三宅久之氏の命を懸けた怒りに感動!マスコミの報道も相変わらず。衆議院選挙でも第3極、俄か仕立ての政党の乱立、中身のないショーに国民を煽り、面白おかしく。モリ・カケなどピントはずれの安倍叩きをしているヒマがあったら、安倍総理の政治理念についてもっと建設的な議論をしてみてはいかが?2018/12/13

ニャン

8
読み始めたら止められず、一気に読んでしまった。「マスコミの見出しや断片で安倍政治を判断せず、安倍首相の演説や記者会見全文を読むように」し、「マスコミの憶断を通さず安倍首相の言葉から日本の行く末を考えたい」と思う。2013/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6862529

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。