ウォーリアーズ2〈1〉真夜中に

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 397p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784338238014
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

内容説明

タイガースターが亡くなり四つの部族は平穏に暮らしていた。ところが、各部族の猫たちが恐ろしい予言の夢をみた。

著者等紹介

高林由香子[タカバヤシユカコ]
埼玉県生まれ。バンコクで育つ。早稲田大学商学部卒業後、外資系銀行勤務ののち、翻訳をはじめる。数々の絵本翻訳コンテスト、児童文学翻訳コンテストで受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

219
物語はファイヤーハートたちの次世代を中心に展開する。今は亡きタイガースターの子供・ブランブルクロー(サンダー族)とトニーペルト(シャドウ族)。サンダー族副長グレーストライプの子供・ファザーテイル(リヴァー族)とストームファー(リヴァー族)。クロウポー(ウィンド族)。そしてファイヤーハートの娘たちスクワーレルポーとリーフポーらが活躍する。森全体に迫る危機が訪れようとしていた。一族を超え彼らは団結して困難に立つ向かう―― 新しいメンバーが続々と登場するので、やはり巻頭の登場猫紹介を見つつ読み進めることになる。2019/05/21

きいろ

21
第2シリーズ。また危機が迫る!今度の主役は子どもたち世代。真夜中の声には驚き。部族を超えて、種族すら超えて、協力し合う旅がはじまった。双子や三つ子の お互いを理解する力が不思議。2018/11/26

こうたろう

4
★★★★★★★★☆☆2021/04/21

takatakari

4
****主人公はファイアスターに代わり、その弟子でタイガースターの息子、ブランブルクローとなる。スター族からのお告げがあり、同じ様にお告げが降りた他の部族の仲間と共に旅に出る2018/01/31

Makoto Odamaki

4
一期がカタギが組に入って成り上がる任侠小説なら今度はロードオブザリングで群像劇。ファイアスターと性格がそっくりなブランブルクロー、にぎやか担当スクワレルポー、ヤンキー姐さんタウニーペルト、可憐枠フェザーペルト、かっこいい枠ストームファー、小さくて黒くてツンツンしている奴クロウポー、委員長枠(看護猫)リーフポーと色々賑やか。森の猫社会の平和は短い。ブランブルクローがThis is how life should beとつぶやいた穏やかな時は音を立てて崩壊する!2017/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/376343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。