インドの文字とヒンディー語

個数:

インドの文字とヒンディー語

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年04月23日 09時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784338197069
  • NDC分類 K802
  • Cコード C8387

内容説明

意外なところで日本の文字とつながりのある、インドのナーガリー文字を紹介します。

目次

1 ナーガリー文字基礎のキソ(身近なところでインド系の文字をさがしてみよう;文字の旅;ナーガリー文字330音表;ナーガリー文字を書いてみよう;ナーガリー文字を発音してみよう;ナーガリー文字で日本語の50音;ナーガリー文字を書くときの約束)
2 ナーガリー文字でかんたんなヒンディー語をおぼえよう!(ヒンディー語を学習するまえに知っておくべきこと;あいさつをしよう;ヒンディー語で自己紹介!;インドのまちを探検しよう;ヒンディー語の疑問文をおぼえよう;インドの学校でみつけたヒンディー語)
3 もっと知ろう!ヒンディー語と南アジア(調べよう!インド基本データ;生活に使う言葉をおぼえよう)

著者等紹介

町田和彦[マチダカズヒコ]
1951年、神奈川県生まれ。1978年、アラハバード大学修士課程修了。1980年東京外国語大学修士課程修了。ヒンディー語学専攻。現在、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

文字の宝庫ともいわれるインドで最も使われている、ナーガリー文字のつくりや読み方、簡単なヒンディー語を、インドの文化や習慣とともに紹介。   小学校高学年~