光文社文庫 光文社時代小説文庫<br> 姫夜叉―隠目付江戸秘帳

個数:

光文社文庫 光文社時代小説文庫
姫夜叉―隠目付江戸秘帳

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334775490
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

船宿の亭主をしながら駿河国江崎藩の隠目付を務める海野洋之介の許に、釣り仲間の孫が何者かに攫われたという報せが入る。そして、おみつの息子仙太までが攫われてしまう。なんとか救い出したい洋之介だが、その前に手練れの刺客「闇猿」たちが現れる。洋之介の怒りを込めた一刀は幼い命を救えるか―。甲源一刀流の豪剣が煌めく、震撼のシリーズ第四弾。

著者紹介

鳥羽亮[トバリョウ]
1946年生まれ。埼玉県出身。埼玉大学教育学部卒業。’90年、デビュー作「剣の道殺人事件」で第36回江戸川乱歩賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

遠江国江崎藩の隠目付をしながら、釣り宿の亭主をしている甲源一刀流の達人・海野洋之介。江戸情緒と迫力の剣戟で会心の作品。