カッパ・ノベルス<br> 一千キロ、剣が疾る

カッパ・ノベルス
一千キロ、剣が疾る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 231p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784334028916
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

直飛脚―それは徳川11代将軍・家斉の密書を、凄腕の武士が定められた刻限までに目的地に届けることを使命とする。道中において交替することは許されず、使命を果たせぬときには、即刻切腹。秋元炎九郎は手裏剣、本荘錦之介は豪刀、太田又兵衛は短槍、各の武器を携え極限の疾走を開始する。目的地は、備前岡山―が、激走をへて岡山領に入った直後、凶刃が彼らを襲う。なんと、岡山藩士が直飛脚を狙っていたのだ。(「火刑」)新感覚・時代小説の醍醐味を満載、デビュー以来単行本300冊目を記念する著者入魂の傑作。

目次

火刑
茶壺非情
肩の涙
師の影を踏む
盗賊に燃えた
北国に消える