廣済堂ライブラリー<br> 広告都市・東京―その誕生と死

廣済堂ライブラリー
広告都市・東京―その誕生と死

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784331850176
  • NDC分類 674
  • Cコード C1036

内容説明

消費社会と都市の関係を揺さぶる広告の香具師的本能。かつてパルコは、渋谷のたたずまいそのものを広告化した。しかし、「80年代」的な広告戦略はもはや通用しない。

目次

第1章 『トゥルーマン・ショー』の広告論(『トゥルーマン・ショー』の世界;資本というリアル ほか)
第2章 “八〇年代”渋谷の神話と構造(都市の発見;都市の記号論/記号論の都市 ほか)
第3章 広告=都市の死(“ポスト八〇年代”の渋谷;「脱出後」のトゥルーマン ほか)
結 広告化せよ!そして広告にあらがえ

著者等紹介

北田暁大[キタダアキヒロ]
1971年生まれ。東京大学文学部卒。同大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。同大学社会情報研究所助手を経て現在、筑波大学社会科学系講師。理論社会学・メディア史専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。