俺は死ぬまで映画を観るぞ

個数:

俺は死ぬまで映画を観るぞ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 405p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784329004659
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0095

内容説明

観たいものを観、スクリーンに対峙するだけで充分ではないか。ただただ世界中の映画をなりふりかまわず観まくってきた映画研究家が、17年ぶりに刊行する映画時評集。

目次

1985‐1993(ミツバチの巣箱を出て―エリセとの対話;神はBBを創りたもう ほか)
1994‐2000(セイジュン!;在日を喜劇にする―『月はどっちに出ている』 ほか)
2001‐2005(銀幕のアリス;原節子の思い出 ほか)
2006‐2007(三池崇史DOA;I SAW HER STANDING THERE ほか)
2008‐2010(抑圧と服喪―『牡牛座』;完結されざるもの―『実録・連合赤軍』 ほか)

著者紹介

四方田犬彦[ヨモタイヌヒコ]
1953年西宮生まれ。東京大学で宗教学を、同大学院で比較文学を学ぶ。韓国の建国大学校に始まり、コロンビア大学、ボローニャ大学、テルアヴィヴ大学などで客員教授・研究員を勤め、現在は明治学院大学文学部芸術学科教授として映画史の教鞭をとる。映像を中心に、文学、音楽、アジア論、都市論、料理、漫画といった広範囲な文化現象に批評の眼を向ける。『映画史への招待』でサントリー学芸賞を、『モロッコ流謫』で伊藤整文学賞を、『翻訳と雑神』『日本のマラーノ文学』で桑原武夫学芸賞を受けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)