ブラジル新時代―変革の軌跡と労働者党政権の挑戦

個数:

ブラジル新時代―変革の軌跡と労働者党政権の挑戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 15時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326502493
  • NDC分類 302.62
  • Cコード C3033

内容説明

左翼労働者党のルーラ大統領の登場とともに、ブラジルはいかに変化したか。グローバル化する経済、金融システムの安定化、変貌する産業、中小企業振興、都市の変容、教育開発、積極外交への転換、メルコスールを核とした通商戦略など、ブラジルの変革を考察し、日本の対応を考える。

目次

序章 ブラジルの軌跡と新世紀
第1章 労働者党ルーラ政権の誕生
第2章 グローバル体質に変化したブラジル経済
第3章 金融システム安定化への挑戦
第4章 変貌する産業と企業活動
第5章 産業競争力のカギを握る中小企業
第6章 「都市システム」の変容と地方分権化
第7章 教育開発と社会の変化:格差是正への取り組み
第8章 積極外交への転換と多様化する交渉軸
第9章 メルコスールを核とした通商戦略

著者等紹介

堀坂浩太郎[ホリサカコウタロウ]
1968年、国際基督教大学を卒業し、日本経済新聞記者を経て現在は上智大学外国語学部教授。新聞記者時代に特派員としてサンパウロに駐在
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

債務危機後の「失われた1O年」から21 世紀初めにかけて試みられた一連の変革の軌跡とルーラ労働者党政権の挑戦の行方をさぐる。

左翼労働者党のルーラ大統領の登場以来、ブラジルはいかに変化したか。グローバル化する経済、金融システムの安定化、変貌する産業、中小企業振興、都市の変容、教育開発、積極外交への転換、メルコスールを核とした通商戦略など、ダイナミックに展開するルーラ政権の政策を考察し、日本の対応を考える。

序章  ブラジルの軌跡と新世紀
第1章 労働者党ルーラ政権の誕生
第2章 グローバル体質に変化したブラジル経済
第3章 金融システム安定化への挑戦
第4章 変貌する産業と企業活動
第5章 産業競争力のカギを握る中小企業
第6章 「都市システム」の変容と地方分権化
第7章 教育開発と社会の変化:格差是正への取り組み
第8章 積極外交への転換と多様化する交渉軸
第9章 メルコスールを核とした通商戦略

年表
ブラジル経済指標
参考文献
あとがき
索引