• ポイントキャンペーン

金融機能と金融規制―プルーデンシャル規制の誕生と変化

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 204p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322121148
  • NDC分類 338.3
  • Cコード C2033

内容説明

金融規制の全体像について、規制の目的や機能、そして規制の過去から現在に至るまでの姿について、わかりやすく整理。

目次

第1部 金融規制の目的と必要性(金融の機能;金融規制の目的と必要性;市場の合理性と金融規制)
第2部 金融規制の基本構造(金融規制(プルーデンシャル規制)の基本の代名詞CAMELS
預金保険制度と破綻処理制度
被規制金融機関と規制監督当局の行動に係るキーワード
その他の金融規制と規制監督当局)
第3部 金融の変化と金融規制(金融技術の高度化、金融商品の複雑化;金融の国際化と金融規制;シャドーバンキングシステム;マクロプルーデンス)

著者紹介

天谷知子[アマヤトモコ]
東京大学公共政策大学院客員教授。東京大学法学部卒。1986年大蔵省入省。銀行局課長補佐、欧州連合日本政府代表部一等書記官、金融監督庁長官官房課長補佐、金融庁総務企画局国際課企画官、監督局保険課審査室長、検査局総務課調査室長、監督局リスク分析参事官、証券取引等監視委員会事務局課徴金・開示検査課長等を経て、2011年7月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)