ある戦中派の生きた昭和

  • ポイントキャンペーン

ある戦中派の生きた昭和

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784289024681
  • NDC分類 289.1

内容説明

大阪で生まれ、名戦闘機「紫電改」の製造に生死の間を生きた若き日。戦後は高度経済成長を支えた企業の信用調査マンとして―。たび重なる失業など、辛酸をなめながら、それでも朗らかに生きる。社会情勢や流行を年代ごとの詳細な記録とともに激動の時代、昭和を生きた男が語る一代記。

目次

第1章 大阪で生まれて(人力車を引っくり返す;戦争ごっこ、丸太の筏乗りで泥だらけ;養鶏場近くを走るSLに大興奮 ほか)
第2章 名機の製造。絶望から再生へ(世界の名機「紫電改」生産に青春を賭ける;空襲後の惨状;竹薮を開墾 ほか)
第3章 伴侶とともに(出会い;苦難の年の始まり;優良企業での安定 ほか)

著者紹介

園田次郎[ソノダジロウ]
1927年生まれ。兵庫県芸術文化協会友の会。戦争中、川西航空機(株)で、名機「紫電改」の生産に従事。戦後は労働基準局などを経て、民間信用調査機関の大手(株)信用交換所大阪本社で調査マンとして30年間勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)