痛恨の歴史時代

個数:

痛恨の歴史時代

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 390p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784286027494
  • NDC分類 319.02
  • Cコード C0020

内容説明

人類社会は今、存亡の危機にある。それは1920年代30年代のマルクス主義の「変質」にまで遡る。資本主義と社会主義の偽りの対立が支配した冷戦時代。この冷戦に勝利した資本主義は果たして何に勝利したのか。今厳しく問われるのは歴史観・価値観そのものである。ロシア革命を起点にしてスターリン主義、第二次大戦、冷戦時代、グローバリゼーション…と続く偽りの構造を、トータルに解剖した異色の“現代世界論”。

目次

第1章 ポスト“冷戦”と現代世界
第2章 社会主義の人間解放の理念はどう扱われたか
第3章 世界史の“変質”の始まり
第4章 スターリン主義の形成
第5章 二つの世界大戦と揺らぐ資本主義
第6章 日本帝国主義はなぜ狂暴だったのか
第7章 第二次世界大戦と「相対性の原理」
第8章 冷戦の論理と基本構図
第9章 冷戦構造の拡大とその終焉要因
第10章 現代の危機は克服できるか

著者紹介

高橋彬[タカハシサカリ]
1935年岩手県に生まれる。1963年法政大学第二経済学部卒業。世界経済研究所を経て、70年日本高速自動車道新聞社入社。同社編集長・社長を経て2004年退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)