公害防止管理者試験 公害総論 実戦問題

個数:
  • ポイントキャンペーン

公害防止管理者試験 公害総論 実戦問題

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 196p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784274207259

内容説明

平成18年度に始まった新しい公害防止管理者試験制度から3年が経過。『公害総論 攻略問題集』を、過去3回の試験問題の解説と、その後の法律や最近の環境問題について資料を最新なものとし、全面的な見直しを行った。4回目以後はこれまで出題されなかったところが、出題される可能性が高くなる。そのような場合も考慮した。

目次

第1章 公害総論の概要
第2章 環境基本法と環境関係法(環境基本法の理念と体系;基本計画、基本的施策;環境関係法の概要;循環型社会形成関連の法律の概要;環境影響評価法の概要;総合問題)
第3章 特定工場における公害防止組織の整備に関する法律の概要
第4章 最近の環境問題(環境問題の概要;地球環境問題;水・土壌環境;騒音・振動;廃棄物・リサイクル対策(物質循環)
化学物質)
第5章 各種環境管理手法(環境影響評価;環境マネジメント・ライフサイクルアセスメント;環境調和型製品)
第6章 国際協力

著者紹介

三好康彦[ミヨシヤスヒコ]
1968年九州大学工学部合成化学科卒業。1971年東京大学大学院博士課程中退、東京都公害局(当時)入局。2002年博士(工学)。2004年EIT研究所主宰。現在、県立広島大学生命環境学部環境科学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)