東京理科大学・坊っちゃん選書<br> よくわかる、おもしろ理科実験―身近な現象の探究から環境問題へのアプローチまで

個数:

東京理科大学・坊っちゃん選書
よくわかる、おもしろ理科実験―身近な現象の探究から環境問題へのアプローチまで

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 125p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784274206726
  • NDC分類 407.5
  • Cコード C3040

目次

第1章 どうして、理科実験が大切なのか?(科学はもっと楽しく学ぶべきだ;理科実験は「人間力」を高めてくれる;実験教材もどんどん進歩していくべきだ ほか)
第2章 楽しく、よくわかる、おもしろ実験集(スプーン、フォーク…台所用品で電池を作ろう;川村式「手回し発電機」を作ろう;身近なドリンクで燃料電池を作ろう ほか)
第3章 もっと多くの人に実験の楽しさを伝えたい(科学者も研究室から飛び出そう;現代版『ロウソクの科学』を続けていきたい;サイエンス・ライブショーという新たな展開 ほか)

著者紹介

川村康文[カワムラヤスフミ]
東京理科大学理学部物理学科教授、博士(エネルギー科学)。1959年、京都生まれ。京都教育大学卒業。高校の物理教師として約20年間教鞭をとる。その後、信州大学教育学部助教授を経て、東京理科大学理学部助教授。NPO法人サイエンスEネット理事長。全日本教職員発明展では内閣総理大臣賞を受賞など、コンテストでの受賞多数。論文・著書多数。最近ではサイエンス・ライブ・ショー「宇宙船にっぽん号」の100回公演をめざし、サイエンス・コミュニケーション活動に邁進中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)