東京理科大学・坊っちゃん選書<br> 「もの」から「知財」の時代へ―頭脳が生む新しい価値を最大限に活用するノウハウ

個数:
  • ポイントキャンペーン

東京理科大学・坊っちゃん選書
「もの」から「知財」の時代へ―頭脳が生む新しい価値を最大限に活用するノウハウ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 14時57分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 121p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784274205903
  • NDC分類 507.1

内容説明

それまでの時代、人間にとってもっとも大切なのは物でした。ところがITの発達により、形のない「もの」が大きな価値をもつようになってきました。その中でも、人間にとって有益な価値のあるものを「知的財産」(知財)と呼びます。知財は20世紀から21世紀にかけて、物から情報へのパラダイムシフトが起きたことで重要性を増してきます。知財は、知識社会に変貌を遂げた現代にあって産業経済を活性化させるとともに、文化も発展させ、人々の生活を豊かにします。まさに、新しい富を生み出すマジックパワーのようなものです。

目次

第1章 「エジソンは偉い人」といわれる理由
第2章 発明を守ることが社会の発達につながる
第3章 発明を生かすも殺すも特許しだい
第4章 日本人の世界的な発明と特許
第5章 「知財」に関する知識を整理しておこう
第6章 「知財」を巡る最新事情
第7章 知財のプロフェショナルになろう!

著者紹介

平塚三好[ヒラツカミツヨシ]
東京理科大学専門職大学院准教授。米国知的財産修士(US MIP)。理学修士。1965年、東京生まれ。1989年、東京理科大学理学部応用物理学科卒業。1991年、東京理科大学理学研究科物理学専攻修士課程修了。1999年、米国フランクリン・ピアース・ロー・センター知的財産修士課程修了。2004年、東京理科大学知的財産本部知財マネージャー。2007年より現職。専門は、特許実務(日欧米)、サイバー・ロー、オープン・イノベーション(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)