• ポイントキャンペーン

工場電気設備―設備診断・余寿命推定から更新へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 218p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784274202940
  • NDC分類 544

内容説明

工場電気設備は企業等の生産活動の最も重要なインフラストラクチャの一つである。この工場電気設備をいつどのように更新するかは、設備保全管理担当の技術者のみならず、それにより生産活動を推進する企業等の経営層にとっても一大関心事である。本書はそのような更新を「どのような考え方」に基づいて「どのような手順で」進めるかを述べたものである。

目次

第1章 工場電気設備の更新とは(更新の意義;更新の必要性;寿命のとらえ方;更新の進め方;更新に関連する用語)
第2章 更新を進めるための五つのステップ(長期更新計画の策定;中期更新計画の策定;更新の実施検討;更新の実施設計と工事;更新後の評価と運用)
第3章 システムとしての検討(システムとしての検討の考え方;具体的な評価項目とその適用)
第4章 機器の劣化診断および余寿命推定技術(寿命管理区分;劣化診断技術;余寿命推定技術;実用化されている技術のまとめ;新しい監視技術)
第5章 更新実施例(延命と診断結果に基づく部分更新(低圧配電設備)
老朽度評価による更新(特高受配電設備)
リスクを許容した部分更新(高圧配電設備)
長期計画に基づく更新(高圧配電設備)
余寿命推定と実破壊試験による検証(特高発電機)
更新方法の検討(高圧発電機)
劣化診断評価と更新(高圧電動機)
制御装置を含めた更新(可変速高圧電動機))