• ポイントキャンペーン

東京理科大学・坊っちゃん選書
いのちのキーワード 免疫―アトピー、エイズ、クローン、臓器移植

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 163p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784274202629
  • NDC分類 491.8

内容説明

本書では免疫学の歴史をたどりながら免疫というシステムの魅力、不思議さを解説しました。

目次

第1章 「宇宙人の侵略」から地球を守ってくれたもの
第2章 学習を続ける偉大なシステム
第3章 免疫がなければ人も動物も生きてはいけない
第4章 私たちを死に至らせる免疫の反逆
第5章 それでも生命を左右する免疫という重要システム
第6章 胎児、癌、移植された臓器は人体にとって「異物」なのか?
最終章 免疫の力をさらに高めていくために

著者紹介

穂積信道[ホズミノブミチ]
医学博士、東京理科大学生命科学研究所教授。福島県会津若松市出身。1967年慶應義塾大学医学部卒業、1972年同大学院修了。1975~1978年スイス・バーゼル免疫学研究所研究員。この間、利根川進博士と共に免疫グロブリン遺伝子の再構成を発見(この発見により利根川博士は1987年にノーベル医学・生理学賞を受賞)。1979年カナダ・トロント大学医学部講師、1984年同大学助教授、1988年同大学教授。1997年より現職。現在、免疫応答を抑制する制御性T細胞と軟骨形成のメカニズムの研究に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)