裁判員のための記憶と証言の心理

個数:
  • ポイントキャンペーン

裁判員のための記憶と証言の心理

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 110p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784273035709
  • NDC分類 327.014

内容説明

人間の判断は誤りやすい。

目次

序 裁判員制度が始まった
第1章 冤罪はこうして生み出される
第2章 目撃証言に潜む危険
第3章 記憶はたえず作りかえられる
第4章 ウソの自白を見抜くには
裁判員制度への危惧と期待

著者紹介

榎本博明[エノモトヒロアキ]
1955年生まれ。東京大学教育心理学科卒、東芝市場調査課勤務の後、東京都立大学大学院心理学専攻に学び、大阪大学助教授を経て、名城大学教授。心理学博士。新たな心理学領域「自己心理学」の確立を目指して学会活動を推進すると同時に、一般の人々に向けても積極的に執筆を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)