島木赤彦論

  • ポイントキャンペーン

島木赤彦論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 367p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273034658
  • NDC分類 911.162

目次

島木赤彦における愛―先妻うたと長子政彦
島木赤彦と松井須磨子
鍛錬道の成立―講演「萬葉集の系統」について
写生派の安居会
明治期の山岳詠
北海道詠と満洲詠(一)―北海道詠
北海道詠と満洲詠(二)―満洲詠
「みづうみの―」の歌
赤彦と絵画(一)
赤彦と絵画(二)―平福百穂との関係〔ほか〕

著者紹介

宮川康雄[ミヤガワミチオ]
昭和6年長野県に生まれる。昭和36年東北大学大学院文学研究科博士課程単位修得後、東北大学助手(文学部)となり、東北工業大学助教授を経て、信州大学人文学部教授。平成8年退職(名誉教授)後、就実女子大学(現就実大学)教授として平成15年春まで勤務。中国東北師範大学客座教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)