「読本」の研究―近代日本の女子教育

個数:

「読本」の研究―近代日本の女子教育

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年05月28日 14時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 530p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273033583
  • NDC分類 375.8
  • Cコード C3037

目次

1 制度化される学校教育―「高等女学校令」(明治三二年二月)と「読本」
2 「実科」の重視―「実科高等女学校」設置(明治四三年一〇月)と「読本」
3 童心主義と中等教育―「高等女学校令中改正」(大正九年七月)と「読本」
4 帝都復興と戦時国家政策―「公民」科設置(昭和七年二月)と「読本」
5 国体の強化と女子教育への期待―教学刷新(昭和一二年三月)と「読本」
6 総力戦体制による教育の崩壊―「中等学校令」(昭和一八年一月)と「読本」

著者等紹介

真有澄香[マアリスミカ]
神奈川県生まれ。博士(教育学)。日本ペンクラブ会員。実践女子大学大学院博士課程単位取得満期退学。東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)修了。私立大西学園高等学校教諭、東京学芸大学非常勤講師などを経て、国際日本文化研究センター共同研究員、国学院大学・相模女子大学非常勤講師。主要論文に「高等女学校における読本の一考察―藤村作編『女子大日本読本』にみる教材の意義―」(『関東教育学会紀要第29号』・関東教育学会研究奨励賞受賞)など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。