徳間文庫<br> 万犬虚に吠える―教科書問題の起こりを衝く

徳間文庫
万犬虚に吠える―教科書問題の起こりを衝く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 409p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198908126
  • NDC分類 304
  • Cコード C0195

目次

1 角栄裁判について(「角栄裁判」は東京裁判以上の暗黒裁判だ!;角栄裁判・元最高裁長官への公開質問七カ条;英語教師の見た「小佐野裁判」 ほか)
2 『朝日新聞』と教科書問題(何から見て「右傾化」か;“検閲機関”としての『朝日新聞』;万犬虚に吠えた教科書問題 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふぃすか

12
田中角栄裁判と教科書問題。どっちの話題も問題発生当時を知ってるとは言えない。文藝春秋(1985年刊)が底本。PHP文庫(1994年)からも出てたみたいだけど、内容は同じかな。この本は1997年刊。読んだのは2008年。最初に刊行されてから20年以上経ってますけど、人間って成長しませんな。2008/04/25

naoto

0
角栄裁判のことは知らなかったですね。教科書問題、朝日新聞は大体知ってましたが…2008/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/86999

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。