徳間文庫<br> 疫病神捕物帳

電子版価格 ¥550
  • 電書あり

徳間文庫
疫病神捕物帳

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198906368
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

呑太の元に殺しの報が届いた。高利の金貸しが刺し殺されたという。五人の手先たちを駆使した聞き込みの結果、呑太にとって大恩ある岡っ引・銀造の孫娘の名が挙がった。衆人にはその冷酷かつ非常なお調べのためか“疫病神”と忌み嫌われる呑太だが、今は亡き銀造にだけは義理を欠いたことはない。恩人の孫娘―鬼の如き呑太の眼が光を増す(人を信じない男)。名匠渾身の傑作時代小説集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おまき

0
極悪岡っ引きとも思えないのに江戸市民から忌み嫌われる設定に違和感。主人公が現れると道から人が消えるとか大げさ過ぎ。忌み嫌われる=誰にも理解されない男の孤独って陳腐過ぎる。疫病神経営の湯屋は繁盛してるって言う設定。主人公を極端に罵しりつつそんな疫病神の湯屋へ行く江戸市民っておかしくないですか? 笹沢さんでもこんなレベルなのかぁ・・・2018/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/496800

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。