神社仏閣に隠された古代史の謎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784198625320
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0039

内容説明

日本の各地に現存する神社仏閣を生きた証拠群として活用。日本書紀・古事記などアカデミズムが描き出す日本史の大嘘を「神社伝承・仏寺伝承」という盲点から抉り出す画期的な歴史探究の書。

目次

第1章 七世紀の政争の痕跡を残す寺々(反骨の山として葛城山系に建つ 一言主神社;物部守屋討伐の際、聖徳太子が祈願した 大聖勝軍寺 ほか)
第2章 天平の知られざる争乱劇(天智天皇の大津京遷都で注目された 日吉大社;草薙剣と尾張氏の謎が結びつく 熱田神宮 ほか)
第3章 神社に伝わる『日本書紀』の裏側とは?(神話か史実か?姿を現した巨大神殿の謎 出雲大社;出雲国造によって火継神事など祭祀が行われる 神魂神社 ほか)
第4章 神社に伝わる邪馬台国解明のヒント(難攻不落の軍事拠点、高良山に建つ 高良大社;『日本書紀』が描く謎めいた歴史 香椎宮 ほか)

著者等紹介

関裕二[セキユウジ]
歴史作家。1959年千葉県柏市生まれ。奈良に通い詰め、独学で古代史を学ぶ。1991年に衝撃的デビュー作『聖徳太子は蘇我入鹿である』を発表以来、古代をテーマに意欲的な執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。