• ポイントキャンペーン

ルー=ガルー―忌避すべき狼

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 753p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784198613648
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

21世紀半ば。清潔で無機的な都市。仮想的な均一化した世界で、14~15歳の少女だけを狙った連続殺人事件が発生。リアルな“死”に少女たちは覚醒した。…闘いが始まった。読者からの応募による未来社会の設定を盛り込んだ画期的な双方向性インタラクティブ小説。

著者等紹介

京極夏彦[キョウゴクナツヒコ]
1963年生まれ。94年『姑獲鳥の夏』(講談社ノベルス)で衝撃のデビュー。96年『魍魎の匣』(講談社ノベルス)で第49回日本推理作家協会賞(長篇部門)を受賞。97年には、四谷怪談に材を取った『嗤う伊右衛門』(中央公論新社)で、第25回泉鏡花文学賞を受賞。また、グラフィックデザイナーでもあり、綾辻行人著『眼球綺譚』(集英社)、『山田風太郎コレクション』(出版芸術社)等、装丁の仕事も多く手がけている。水木しげる率いる「世界妖怪協会」のメンバーとして日本文化の“怪”を追求する一方、妖怪絵師としてリトグラフ展を開くなど活動の幅は広い
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。