• ポイントキャンペーン

Tokuma novels
殺人鉱脈―石見銀山‐秋芳洞250キロの怨嗟

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198508173
  • NDC分類 913.6

内容説明

機動捜査隊の巡査部長・塩沢が拳銃の入ったウエストポーチをコンビニのトイレに置き忘れ、何者かに持ち去られた。安曇野署内に広がる不安。その予感は的中した。世界遺産・石見銀山の坑内で安曇野在住の女性が射殺され、持ち去られた拳銃が使用されたことが判明したのだ。石見銀山へ向かった道原は同じツアー客が撮影した写真に写っていた不審な男の存在に気づく。一方、塩沢には二年前の不倫話が浮上。事情を聴いていた道原に第二の事件の報が飛び込んできた。塩沢の拳銃が再び凶弾を放ったのだ。書下し長篇山岳推理。