• ポイントキャンペーン

Tokuma novels
太子暗黒伝〈2〉出雲燃ゆ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 382p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198507268
  • NDC分類 913.6

内容説明

厩戸皇子は出雲の動向を探りに検分使として大奈無智の宮殿に滞在し、出雲が戦争準備に余念なく、大和朝廷に叛旗を翻そうとしていることを明らかにした。が、その間に、飛鳥では大王が薨去し、大兄と指名された彦人皇子の命が奪われた。物部氏と中臣氏は穴穂部皇子を次の大王にしようと画策するのだった。厩戸皇子は父、用明天皇の死霊と話しあい、決して逃げずに大和を支えていくことを誓う。一方、大和との戦を準備する出雲の背後をつき、邪馬台国が筑前、筑後を奪い返そうと動き出した…。

著者紹介

富樫倫太郎[トガシリンタロウ]
昭和36年、北海道生れ。『陰陽寮』で安倍晴明の新しい魅力を発掘し、『太子暗黒伝』で聖徳太子のまったく新しい解釈を展開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)