Tokuma novels edge<br> ヤングガン・カルナバル―そして少女は消えた

個数:

Tokuma novels edge
ヤングガン・カルナバル―そして少女は消えた

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198507206
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

母親から離れ転校もし、さびしい日々の一登だったが、ようやく友達ができた。無邪気によろこぶ一登に、彼が突然告白してきて…。一方塵八は漫画を新人賞に応募する。結果発表はまだ先だが、なんだか落ち着かない。さらに弓華は見知らぬ男につきまとわれ「久遠伶に危機が迫っている」と告げられる。あわただしい中、別の高校に潜入することになった塵八と弓華。いつもと違う仕事に戸惑いながら、塵八は鳳凰連合の組員に傷つけられた過去をもつ一人の少女に惹かれていく―。

著者紹介

深見真[フカミマコト]
2000年に、第一回富士見ヤングミステリー大賞を受賞した後、02年には角川Next賞を受賞。映画のノベライズや漫画の原作なども手掛ける、最も注目度の高い若手実力派作家のひとり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)