Tokuma novels edge<br> ヤングガン・カルナバル―バウンド・トゥ・バイオレンス

個数:

Tokuma novels edge
ヤングガン・カルナバル―バウンド・トゥ・バイオレンス

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 279p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198506810
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

放課後―酔っ払いの大学ラグビー部員に、伶とのデートをブチ壊されて、弓華は怒り心頭!が、乱闘シーンを一部始終見ていたという、肉食獣のような気配を漂わす高校生・風樹とリサの出現に、嫌な予感を覚える弓華…。一方、最新の麻薬「黒い揺頭」を売りさばく武闘派福健マフィアのアジトに突入、一仕事を終えた塵八は、囚われの身の娘を発見。「タスケテ」とすがりつかれるまま、「ダニエラ」と名乗る美少女を自宅に連れ帰ったはいいが…。塵八と弓華に、因縁の対決が迫り来る。

著者紹介

深見真[フカミマコト]
2000年に、第1回富士見ヤングミステリー大賞を受賞した後、02年には角川Next賞を受賞。映画のノベライズや漫画の原作なども手がける、最も注目度の高い若手実力派作家のひとり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)