• ポイントキャンペーン

Tokuma novels
十津川警部SLを追う!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 246p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198506667
  • NDC分類 913.6

内容説明

高校の同窓会に出席した十津川は、親友の宮下が再婚するという話を聞いた。宮下は八年前、新婚間もなく車の転落事故で妻を亡くしていた。数日後、宮下の結婚式に事故のさい同乗していた同級生五人が招待されていることを知った十津川は胸騒ぎを覚える。不安は的中した。その五人を乗せた大井川鉄道のSLが爆破され、鉄橋から転落したのだ!宮下の復讐なのか?親友を信じたい十津川だったが…。「十津川警部C11を追う」をはじめ、SLをテーマに十津川と亀井が活躍する四篇を収録した、旅情推理傑作集。

著者紹介

西村京太郎[ニシムラキョウタロウ]
昭和5(1930)年生まれ。昭和23(1948)年都立電機工業学校を卒業。昭和38(1963)年7月、第二回オール読物推理小説新人賞に「歪んだ朝」で入選。昭和39(1964)年3月、文芸春秋新社より最初の長編『四つの終止符』を書下し刊行。昭和40(1965)年7月、「天使の傷痕」で第十一回江戸川乱歩賞を受賞。昭和56(1981)年『終着駅殺人事件』で第三十四回日本推理作家協会賞を受賞。平成9(1997)年10月22日、第六回日本文芸家クラブ大賞特別賞を受賞。平成16(2004)年2月、第二十八回エランドール賞(日本映画テレビプロデューサー協会主催)の特別賞を受賞。10月、第八回日本ミステリー文学大賞に決定