• ポイントキャンペーン

Tokuma novels
新書版 ルー=ガルー―忌避すべき狼

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 582p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198506537
  • NDC分類 913.6

内容説明

この物語の主人公は14歳の少女たち。2030年代の都市。清潔で、無機的な徹底した管理社会だ。少女たちは、携帯端末を持ち、全ての行動は把握されている。世界はモニタの中だけに存在していた。希薄な現実感。ところが14~15歳の少女ばかり狙った連続殺人事件を契機に、少女たちが仮想の世界から飛び出す。巨大な敵との戦いのなかで、彼女たちが見出したのは…。

著者紹介

京極夏彦[キョウゴクナツヒコ]
1963年生まれ。94年『姑獲鳥の夏』(講談社ノベルス)で衝撃のデビュー。96年『魍魎の匣』(講談社ノベルス)で第49回日本推理作家協会賞(長篇部門)を受賞。97年には、『嗤う伊右衛門』(中央公論社)で、第25回泉鏡花文学賞を受賞。2003年『覘き小平次』(中央公論新社)で第16回山本周五郎賞を受賞。2004年『後巷説百物語』(角川書店)で第130回直木賞を受賞。また、グラフィックデザイナーとして、綾辻行人著『眼球綺譚』(集英社)、歌野晶午著『葉桜の季節に君を想うということ』(文芸春秋)等、装丁の仕事も多く手がけている。水木しげる率いる「世界妖怪協会」のメンバーとして日本文化の“怪”を追求する一方、妖怪絵師としてリトグラフ展を開くなど活動の幅は広い