• ポイントキャンペーン

Tokuma novels
男鹿・角館 殺しのスパン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198506346
  • NDC分類 913.6

内容説明

東京・幡ケ谷の商店街にある焼き鳥店の二階で、鬼の面をつけ、蓑をまとったなまはげの扮装をした死体が発見された。当初、部屋の住人である店主の野田晋六かと思われたが、別人と判明。警視庁捜査一課の十津川警部と亀井刑事は、手がかりを求め、野田の出身地・男鹿半島へと飛んだ。ホテルを経営する野田の叔父・三浦は、病死した妻の葬式も出さずに姿を消したと野田を詰る。だが、友人たちは、義理堅い人物だったと口を揃える。困惑する十津川と亀井。そこへ第二の殺人の報告が入り、死体にはまたしても鬼の面が。

著者紹介

西村京太郎[ニシムラキョウタロウ]
著作のほとんどがドラマ化され、いずれも高視聴率をあげている。その功績を称えられ、第28回エランドール賞特別賞を受賞した