Tokuma novels<br> 海軍高雄学校〈2〉雷鳴とどろく

  • ポイントキャンペーン

Tokuma novels
海軍高雄学校〈2〉雷鳴とどろく

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 209p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198504762
  • NDC分類 913.6

内容説明

陸軍きっての頭脳といわれる高木惣吉大佐のもとには、アメリカ本土で情報活動をしている堀川中佐から日本海軍の暗号が解読されているのではないかという疑念が寄せられていた。陸軍は知らずおよそ海軍の軍人でアメリカを相手に無限戦争を行えると思っている人間はいない。だが、矢ははなたれたのである。山本五十六は南遣艦隊を除く各艦隊の司令長官、参謀長を岩国海軍航空隊に参集させ、開戦規定期日は十二月八日であり、機動艦隊主力は千島列島択捉島に集結ののち、北方針路をとってハワイに向かうことを示した!真珠湾攻撃暗号はなぜ解読され、なぜ攻撃は実行されたのか!?日米戦の裏側を情報戦争で描く!圧倒的な迫力の書下し第二弾。