徳間文庫<br> 鞍馬天狗 御用盗異聞

徳間文庫
鞍馬天狗 御用盗異聞

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 444p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784195992265
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

慶応三年、益満休之助らは、火付け、強盗を行なって、江戸市中を混乱に陥れていた。世人、これを《御用盗》と呼んで恐れおののいた。江戸を目指す鞍馬天狗、黒姫の吉兵衛らは、徳川御一門ながら、魔剣の使い手、松平主税之介の奇襲を受け、同志の天野則武は毒煙に倒れた。危うく難を逃れた天狗は、暴漢の手から柳橋の名花、粂次を救い出した。運命の出逢いだった。ご存知鞍馬天狗の活躍を描く、痛快時代小説。

目次

奇怪な覆面武士の巻
江戸騒がせの巻
千代田城地下道の巻
水底地獄の巻
怪賊竜造寺浪右衛門
戸棚の中の鞍馬天狗
両雄一騎討の巻
善福寺竜攘虎搏の巻
獅子乱刀の巻
薩摩屋敷焼討ちの巻
お高祖頭巾の女の巻
水上霹靂火の巻
柳橋侠艶録

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

NHKから国民を守る党から国民を守る党党首・寺

55
最近、この大佛次郎の『鞍馬天狗』シリーズを読んでいる。図書館に多少あって、図書館には無いものを古本屋等で見つけると嬉しい。そんなシリーズは日々の楽しみに最適である。まだ数冊しか読んでいないが、私はすっかり鞍馬天狗その人が好きである。まずその気性の良さと、設定の謎が謎のままなのが良い。そして本書もそうだが、しょっちゅう痛め付けられている。本書は天狗が芸者に惚れられたりするのだが、水攻めに会うわ毒ガスは嗅がされるわ、ラストは火薬をしかけられた舟に乗り爆破されるわ。ヒーロー鞍馬天狗は元祖出川哲朗だと言ってみる。2018/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2242877

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。