私ともう一人のひと―幼児期における人格と人間関係の発達

個数:
  • ポイントキャンペーン

私ともう一人のひと―幼児期における人格と人間関係の発達

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 05時22分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 167p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784189270195
  • NDC分類 376.11

内容説明

この本は、子どもの自我のさまざまなあらわれについて、子どもが最初に鏡の中の自分が分かった瞬間から以降について述べます。子どもの自己像の形成“思われた自分”の出現、および“超自我”の働きを紹介します。それを通して私たちは、幼児期の道徳観の大人のそれとは劇的に異なった興味深い世界に引き入れられます。また、子どもの人間関係についても考えます。

目次

第1部 このわたし…(赤ちゃんは自分が分かる;幼児期における“私”像の発達;人から見られている“私”;“超私”(スーパーエゴ)幼児の道徳の発達 ほか)
第2部 そしてもう一人のひと(大人と子どもの関係;同年齢の仲間関係)

著者紹介

エネー,ランシュブルグ[エネー,ランシュブルグ][Jen´o,Ranschburg]
1965年から1977年ブタペストのエトヴェシ・ロランド大学心理学科助教授を経て、1996年までハンガリー科学アカデミー心理学研究所部長となり、現在ソルノクの教員養成大学教授を勤めるハンガリー発達心理学界の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)