学力向上プロジェクトシリーズ<br> 小学校国語科 知識・技能を活用した言語活動の展開

個数:
  • ポイントキャンペーン

学力向上プロジェクトシリーズ
小学校国語科 知識・技能を活用した言語活動の展開

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 05時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 129p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784183972156
  • NDC分類 375.82

内容説明

本書は、国語科の授業実践22例と、アイデア32例を、話すこと、聞くこと、書くこと、読むことの3領域及び各学年に配慮して具体的に展開したものである。基準となる知識・技能に基づき、指導内容を確実に見定め、新学習指導要領に基づいて単元を構想。言語活動については、年間指導計画に入れるべき言語表現様式を中核に取り上げている。

目次

第1章 相手や目的及び意図に応じて知識・技能を活用する(授業実践;授業アイデア)
第2章 表現様式に応じて知識・技能を活用する
第3章 言語活動のプロセスに応じて知識・技能を活用する

著者紹介

井上一郎[イノウエイチロウ]
京都女子大学発達教育学部・大学院発達教育学研究科教授。国語教育学者。随筆家(ペンネーム・高橋信一)。奈良教育大学助教授・神戸大学教授・文部科学省初等中等教育局教育課程教科調査官・国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部教育課程調査官・学力調査官を経て、2008年10月から現職。現在は、自ら学ぶ主体的な学習者の育成を基軸に、教科等を貫く国語力の体系化と系統化を目指す。2008(平20)年度版学習指導要領作成に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)