学力向上プロジェクトシリーズ<br> 言語活動例を生かした授業展開プラン 高学年―新学習指導要領対応 小学校国語科

個数:

学力向上プロジェクトシリーズ
言語活動例を生かした授業展開プラン 高学年―新学習指導要領対応 小学校国語科

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 113p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784183846105
  • NDC分類 375.82
  • Cコード C3037

目次

第1章 国語科の改訂と言語活動
第2章 領域別言語活動実践モデル(話すこと・聞くこと;書くこと;読むこと;伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項)

著者紹介

井上一郎[イノウエイチロウ]
京都女子大学発達教育学部・大学院発達教育学研究科表現文化専攻教授。国語教育学者。随筆家。奈良教育大学助教授、神戸大学教授、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部教育課程調査官・学力調査官。2008年から現職。小・中学校教師とともに新しい指導法を提唱し続ける。現在は、自ら学ぶ主体的な学習者の育成を基軸に、教育課程の開発と教科を貫く国語力の体系化と系統化を目指す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)